たまご


筋トレ用に茹でたまごを作っている。

たまごの剥き方も慣れてきた。

100均のたまごの穴あけを使用するといい。

穴を開けて9分茹でる。

流水で1分。

たまごの側面を押してヒビを入れて、軽く押して回す。

これでかんたんに剥ける。

たまごの側面を回す方法はジェイミー・オリヴァーのテレビを見ていて知った。

昨日でDlifeが終了したので、ジェイミー・オリヴァーの番組を見れないのは残念である。

芋がら

前に自作の芋がらのことを書いたと思います。たしか。。。

 

保管がちゃんとしてなくて、どこにあるか分からない状態だったのですが、ひょんとしたことで見つかり煮物しで食べました。

 

まず、使う前に水で戻します。

 

けっこうな量で戸惑う。

 

思い切って、食べそう長さに切ってみる。

 

じゃがいもをピーラーで剥く。一口大にする。

 

コンニャクを用意する。

 

じゃがいもやコンニャクを油で炒める。

 

水を加えて、芋がら投入する。

 

しばらく煮る。じゃがいもが火が通っているようならすぐ味付けをしないといけない。

 

慎重に菜箸をじゃがいもに刺す。

 

食べれそうと思い味付けの準備をする。

 

麺汁とパルスイートを適当に投入する。

 

味見する。ちょっと甘いかなー

 

まあ。よしとする。

 

芋がらの食感がクセになる煮物ができた。

 

なぞのスープ

謎の味のスープつくりました。

 

作り方は以下です。

 

生姜を皮むき千切りに。ニンニクをスライスします。

 

オリーブオイルで生姜。にんにくを鍋で炒めます。

 

*A は以下の切ったもの。

玉ねぎ。大根。しめじ。ハムを細かくきります。

 

*Aとミックスベジタブルを鍋に投入します。

 

水をいれます。

 

コンソメで味をつけます。

 

塩胡椒で味を整えます。

 

このスープは食べるたびにニンニクや生姜が効いて不思議な味になります。

 

無言で食べましたよー

 

不思議な味を食べたい人は是非。

中華粥と豆腐田楽

www.kurashijouzu.jp

www.sirogohan.com

 

中華粥 。

 

しょうが ザクザクに切る。油で炒める。米1合も一緒に炒める。

 

炊飯器 で サラダチキン を切ったものと炊く。水は 炊飯器 の分量だったので少し少なかったかもしれない。

 

付け合わせは ザーサイ 。 ワンタン は買い忘れた。😭

 

豆腐田楽 。

 

作り方は合ってるかわからないが、キッチンペーパー で水を切る。

 

食べやすいように切って、 中華鍋 で焼く。

 

田楽味噌をつくる。味噌。日本酒。五香粉。砂糖。を混ぜる。

 

豆腐を皿に分ける。

 

田楽味噌をフライパンで温める。

 

豆腐に田楽味噌をかける。

 

感想として水ぽかったので酒が多かったかもしれない。

 

サチのお寺ごはん

www.cmoa.jp

 

孤独のグルメの久住昌之さんが原作の漫画。

 

日常とご飯のストーリーが良い。OLの日常的を感じる。

 

ご飯のレシピが作りたくなるようなものばかりで新鮮なレシピであるが、手に入りやすい材料で作るのが素晴らしい。この漫画の面白いと思うところだと思う。

 

同じテイスト漫画の「きのう何食べた」が好きな人にはおすすめである。

 

実はドラマ化もされている。

 

お麩さと

昨日テレビで二代目平野レミのオーディションをやっていました。肉さとが美味しそうだったので、アレンジメニューを作りました。

 

肉さととお麩じゃがを合わせてお麩さと。

 

asacokitchen.com

 

cookpad.com

 

肉じゃがの痕跡をなくしてみました。

 

頑張って、いつものように里芋をむきます。

 

育てた里芋もあと一つとなりました。

 

玉ねぎを切ります。

 

油麩を切って、水でもどします。

 

玉ねぎと里芋を炒めて、お麩と水。麺つゆなどの調味料で味付けして煮ます。肉じゃがを作る感じで作ります。

 

13分煮たら完成しました。正確には里芋に火が通れば完成。

 

挽肉が残っていたので加えてしまったので、お麩さとと肉。になってしまいました。

 

ウマー(°▽°)

 

冷凍食品パン マジうまい

冷凍庫の冷凍食品がいっぱいなので在庫処分しました。

 

食べた食品はいろいろとあったのですが。

 

特に冷凍うどんとか冷凍うどんとか。 どん兵衛 も常備しているのに。

 

その中で特に印象的なが冷凍パン。

 

普通の売っているパンより美味い。

 

それはコープの冷凍バター入りハーフバケット。

 

goods.jccu.coop

 

カリカリでかなり美味しいです。

 

挟みにくいけど、ハムを一緒に食べるとさらに美味しい。

 

また、スープとも相性が良さそう。

 

余談ですが、冷凍を冷蔵庫で解凍してトースターで焼くと時間短縮できます。

 

味は変わらず、尚且つ熱々でできます。

 

ウマー(°▽°)

 

リトアニア MANTINGA の製品のようです。

 

日本はハード系のパンが主流ではないでこういうパンは珍しいこともありますが、かなりいけてます。

 

ミニフレンチロールもあります。

スープパスタの水分足らず

飯ネタです。

 

スープパスタをつくりました。

 

作り方は麺をとりあえず茹でます。時間通りに。

 

麺の量が多かったので、とりあえず具は別に中華鍋で炒めます。けっこう雰囲気でつくりました。

 

入れた具は、冷凍のほうれん草とベーコン、肉団子、ブロッコリー、そして生の玉ねぎ。ほとんど冷凍。

 

茹でいる間に熱を通す。

 

これをある程度まで時間がたったら麺を茹でいる鍋に放り込む。

 

茹で時間まで待つ。

 

。。。

 

待つ。

 

コンソメ投入。味見する。

 

牛乳投下。味見する。

 

チーズ投入。味見する。

 

味が足りないので、シチューのルーをチョイ足し。

 

塩胡椒とパセリを適宜をふる。

 

盛り付け。

 

あれ2人の分の水分が足らない!!

 

。。。

 

分量は計画的に!!

里芋の煮転がしとフライドポテトで作りすぎ

少し前の話なのですが。。。

 

庭で作った 里芋

 

嗚呼。どうにかして食べようか?

 

土を乾燥させて保存。

 

外の水道の近くで土を落としてみると簡単に落ちた。

 

そのまま、水道で洗い流す。収穫したばかりの時は土を落とすのが大変だったのに助かったなぁ。

 

そのまま家の台所に、ピーラーで頑張って剥く。

 

前にも書いたけど大変。

 

爪も少し削れた。悲しい。

 

インターネットで調べたら、クックパッドを見るといろいろと方法が違う。

 

土井善晴 先生 のレシピがgoogle先生で検索すると出てきた。参考にしよう。

 

煮転がしの作り方は油で炒めてから茹でる味をつけする。水分を飛ばす。

 

ざっとこんな感じらしい。

 

レシピに忠実ではないけど、それっぽくなった。

 

冷まして夕食にしよう。

 

倉庫に戻るとジャガイモもあったことに気が付く。

 

そうだ。フライドポテトを作ろう。

 

これが間違いだった。

 

ジャガイモも里芋同様に皮をピーラーで剥く。

 

ピーラーないと料理できないなぁと思いながら作業する。

 

一口サイズに切る。フライドポテトには切り方の種類があって、皮をとってしまったけどウエッジカットに近いくし切り状にした。

 

そして頑張って揚げる。芋は唐揚げと違い丸々焦げることはないようである。

 

そして思った。芋ばかり作りすぎたと。

 

結局、夕食でも食べきれず。

 

味がついた里芋煮転がしは売れたがフライドポテトは残すことになった。

 

 

 

休館日と網で炙るシャケ

すこし思い立って、図書館のカードを作ってみようと図書館に行きました。

 

天気もいいので歩いて。。。

 

やっと到着したら、なんと立て札!!

 

今日は休館日らしい。

 

しょうがないので元来た道も戻る。

 

往復で10 km結構な距離。

 

普段、運動してないからなー

 

かなり疲れた。

 

家に帰って、昼食の準備。

 

バーナーパッドと網でシャケを炙ることにした。

 

まず、ご飯をメスティンで炊く。

 

弱火。弱火。これ大事。

 

おまけに思い立って、メスティンの上シェラカップを水と卵をいれておく。

 

これは、半熟の温泉卵のようになる。山の知識で偉大な先駆者のおかげ。

 

ご飯を蒸らすところまでしたらひっくり返して外の倉庫へ。

 

ここでシャケを炙ることにする。

 

バーナーをセットとして点火!!

 

すぐにバーナーパッドを置く。

 

網にシャケを挟んで弱火でゆっくり焼く。

 

焼けているかわからないと思いながら、裏返す。

 

おおー。焼けている。

 

裏面もじっくり炙る。

 

中まで火が十分か心配になりながら家にシャケを持って行く。

 

ご飯いい感じ!!

 

シャケをすかさず載せる。

 

ご飯と一緒に掻き込む。火加減ちょうどいい!!

 

最後に余ったご飯は半熟な卵で食べる。

 

卵かゆのような味わい。うまい。

 

そんな午前中でした。