働かない20%アリ

働らきアリの法則は働くアリが80%で働かないアリは20%いる。

 

良く働くアリが20%全体の80%の食料を集めてくる。

 

20%の働かないアリがいなくなる働くアリの20%が働らかなくなるという内容。

 

これは、人間にも言える内容だと思います。

 

働かないアリはサボっているわけではなく、組織の中で優秀ではないのです。

 

働かないアリがいなくなると正規分布により働くアリの20%が落ちこぼれになるのです。

 

働かないアリに不満がある人は、より優秀な組織に行けばいいのです、働かないアリに劣等感がある人は仕事がある組織に行けばいいのです。

 

それか現状を受け入れればいいのです。私はダメさに気づいてダメなりにやればいいというふうに思ってきました。

 

おわり