スマホアプリ アンドロイド端末

iphone用の社内アプリを開発して使っている会社があるらしいのですが、個人的にアンドロイド端末の方が良いと思ったiphoneユーザーです。

 

確かにiphoneは普及をしている端末です。しかし、それは個人用のスマホを使用するということになります。iphoneの端末は値段が高くなってきていて社内で端末を購入するとアンドロイドより割高となります。確か、アンドロイド端末の管理を一括で行うこともできるため、会社で購入して与える端末とコストとセキュリティーの面で優れています。また、アプリの開発登録の費用もiphoneより抑えることができます。こん点は端末を貸与する会社の予算では誤差みたいなものかなとは思いますが...

 

アンドロイドの優位は測定モジュールのアクセサリー等の豊富さがあるかなと思います。ネットの海外の通販サイトでは、海外ユーザーはアンドロイドが多いこともあり、上記のアクセサリーが豊富です。

 

社内アプリを社外に販売することを考えても海外のユーザー数が多いアンドロイドは有利と思います。ソフトウェアを作成する際はマルチプラットホームで作成できるのが理想ではあるのですが、専用のライブラリーとかを使うと難しいのではないかと思われます。用途がニッチになりやすいアプリを販売するためよりユーザー数が多いプラットホームで作成するという点はアプリ開発で重要と思います。

 

長々と書いたのですが結局なんでこう思ったかというと、¥1万くらいの安いアンドロイド端末(スマホまたはタブレット)を購入したいなと思ったからです。

みなさんもアンドロイドのソフト開発を考えてみてはどうですか?

www.banggood.com

 

www.banggood.com