Surface Pro Xの発表に思うARM CPU

headlines.yahoo.co.jp

 

Surface Pro Xが発表されました。

あまり興味はなかったのですが、CPUがARMらしいというので、少し感想を書いてみます。

ARMはCPUの製造はしてないで、回路の設計のみを行っている企業です。

CPUについてはあまり詳しくないのですが、簡単に言うと演算器で計算をさせる命令等を含めて効率的に設計しています。とくにARMは他のintelやAMDのCPUに比べて消費電流が少なくなるように設計されています。なので、古くは携帯や組み込みの装置、今はスマホやタブレットなどに使用されています。

ざっくりと言うとかなり世の中に浸透している技術です。

なぜ、技術と言ったかというと色々な企業がARMのCPUを作ることができるからです。

スマホはapple、huaweiとかの自社製やクアルコム製が代表的なチップです。

作る工場は微細技術の関係で同じ工場だったりするが面白い🤣ところです。

長く書いてしまったのですが、最初の本題は何が興味を持ったかというと、WindowsはARMをサポートしたバージョンもあるが、OSとハードの相性も合ってintel製のCPUの採用が多いこと。それをマイクロソフトが自ら進んでハードウェアに採用したこと。つまり、率先して対応するので今後は、他のメーカーもARMの採用が考えられることがすごいと思った。

前述の通り回路設計だけなので、高クロックのARMも発表されるのではと思いました。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です